読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぐち建築士の備忘録

日々思うところをつづるブログ

やぐち式株式投資術 vol.2~軍資金~

広告

↓過去記事はこちら
やぐち式株式投資術 vol.1~序~

 

 

株式投資で最も大事なのは、「投資資金」の設定です。

さて、適正な投資額はいくらなんでしょうか?

 

当たり前ですが、その金額設定は人によって異なります。

「車買いたい」だの、「家のローンを組む」だの、「子供の教育費が~」だの、人生設計が人によって様々ですからね。

 

ですが、一応私の考えを説明させていただきます。

一言でいうと、

「今後10年間凍結させても、特に支障のない金額」

です。

 

それが一体いくらかわからんから苦労すんだよ!!

 

そうですね。。。

自分の身の丈に合った投資とすると、このように決めるとよいと思います。 

まず、自身の年収の3倍の貯金を作ってください。

その中のうち、投資に使える金額は年収分以下、つまり、全貯金額の3分の1以下だと思ってください。

 

年収1000万円のやぐちであれば、「まず3000万円貯蓄した後に、1000万円を投資額の限界として運用しろ」ってことです。

株式投資をしたければ、まずはとにかく貯金です!!

投資しているとき、自分の生活がかかっていては、正常な判断ができなくなってしまいます。

投資は生活に影響を及ぼさない少額で行う必要があるのです。

 

しかしながら!!

株で資産を増やすには資金が多くないと難しいのです。

同じ1%の資産を増やすにも、100万円→101万円より、1000万円→1010万円の方がはるかに楽です。

だからまずは貯金なのです。

 

さて、そして、実際に株式を保有する金額はその投資額の2分の1を目安にしてください。

やぐちであれば、500万円ですね。

 

投資額は1000万円じゃないのかよ。

あとの500万円はどうすんだ?

 

それくらいは現金のまま証券会社に預けておくくらいでないと、「身動き」が取れなくなるのです。

 

おさらい。

  1. 年収の3倍の貯金を作る。
  2. 年収と同額を投資額とする。

 

つづく

広告