読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぐち建築士の備忘録

日々思うところをつづるブログ

タイ出張に向けて②

建築

広告

↓※前回の記事はこちら

タイ出張に向けて① - やぐち建築士の備忘録

 

タイ出張に行って、ついでに「今はやりの視察」をしてこいってんで事前にタイの建築を勉強しようかなと。

 

まずは、タイの建築基準法とやらを読んでみよう

Google先生で「タイの建築基準法」を検索。

検索トップに引っ掛かったのは「[PDF]タイ建築規制法(2007年現在)」

 

う~みゅ。。。

なんかよくわからんけど、とりあえずダウンロードぽちっとな。

(2007年ってすでに9年前だけど。。。)

PDF43ページ分いっぱいに文字が並んでいらっしゃる。。。

これ読むの骨折れるな。。。

 

以下、読んでみて得た知識の要約。

 

①「高層ビル」の定義 → 高さ23m以上

面白いですね。

ちなみに日本だと、

・高さ31mを超える→「高層ビル」

・高さ60m以上→「超高層ビル」

日本より一回り低めから高層ビル扱いなのね。

 

②「特大規模ビル」の定義 → 延べ面積10,000㎡以上

この定義は一体何だろう。

なんか消防の規定とかに絡んでくるのかしら。

頭の片隅に置いておこう。

 

③公共建築物、寺、大使館などの建築物は許可不要で建築できる。

ふーん。あっそう。

許可不要な建築とかは別に知ろうとは思っていない。

許可が必要な建築の条件を知りたくて調べてるのよさ。

 

 

 

 

あとは、、、

 

 

 

 

 

。。。以上!!

 

 

 

 

あれ?

あんまし構造屋さんが知りたいことが書かれてないねコレ。。。

43ページもあったのに。。。

 

 

もっと、「設計用水平震度」をいくつにするとか、「風荷重」がいくつだとか、「積雪荷重」は、、、タイでそんなんはないか。

まあとにかくそんなのを知りたかったのに。。。

 

インターネットでいくら調べてもそこら辺がよく引っ掛からなかったので、次回はダイレクトに地盤地震発生率を調べて記事書いてみますね。

 

つづく

広告