読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぐち建築士の備忘録

日々思うところをつづるブログ

おもひでぽろぽろ vo.1~夕焼け~

数学 男女間のわだかまり

広告

ふと、急に昔のことを思い出しました。

 

大学時代、当時のいい雰囲気になりかけてたMちゃんとデートの締めに海へ夕焼けを見に行った(見に行かされた)ときのこと。 

太陽が水平線に接触したときに、Mちゃんが、

 

「きれいな夕焼け。。。

 でも、もうちょっとでおひさま沈んじゃうね。

 あとどれくらい見ていられるんだろう」

 

太陽の視直径は0.5度くらいのはずだから、360度÷0.5度で1周の720分の1。

1日24時間で太陽は1周するわけだから、

24時間×60分×1/720で、

「太陽が水平線に接触してから沈みきるまでは2分」

じゃない?

 

あ、いや、、、違う。。。そうじゃなくて。。。

 

ええ!?違う??

・・・(間)・・・

ああ!!そっか!!

太陽の入射角を考慮するの忘れてた。

ここは北緯35度くらいのはずだから、太陽の入射角は55度か。

今、関数電卓もってないなぁ(※当時はスマホとかもないので)

約60度に近似して考えると、

 2分×2/√3=2分×2√3/3=2分×2×1.73/3=2分20秒くらいか。

本当は入射角がもう少し寝てて55度だから、2分30秒くらいになるのかな。

あ、待てよ。

太陽の視直径を0.5度と仮定したけど、正確にはもう少し大きかった気もするな。

と、すると!!

「たぶん2分40秒くらいだと思うよ!!」

 

・・・(間)・・・

 

あれ?

Mちゃん?

どこいったんだろう。。。

 

・・・(間)・・・

 

トイレかな?

 

・・・(間)・・・

 

あ、太陽沈みきってら

いつのまにか2分40秒経ってたのか。。。

 

・・・(間)・・・

 

Mちゃん遅いなぁ。

 

 

徐々に暗くなるなかしばらくひとりで待ってた。

広告