読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぐち建築士の備忘録

日々思うところをつづるブログ

男性に年収を聞く女性は非常識なのか?②~分析~

広告

前回の記事を読んでいない方はこちら

「年収を聞く女なんてろくなもんじゃない!!」

「全然内面を見ていないじゃないか!!」

そんなに怒らずに、まずは気分を落ち着けて話を聞いてください。

 

さて、なぜ女性は男性の収入を聞くのでしょうか。

本人ではなく、お金だけが目当てなのでしょうか。

 

それは違います。

 

まず、多くの男性が勘違いしていることですが、

男性の「収入」は、女性からすると内面のステータスです。

「収入」とは、この人はこれくらい稼ぐ能力をもっているという指標なのですから。

 

そもそも女性は、男性ほど異性の外見にはこだわりません。

男性のほうがよっぽど外見を重視します。

男性はどうしたって美人に惹かれがちです。

外見を重視しているからです。

 

しかし、そんな男性もいざ自分のパートナー選びとなると、その相手が美人であることにはこだわりませんよね?

それは、付き合う、もしくは結婚するとなったとき、外見以外に重要視するポイントがたくさんあるからです。

 

少し脱線してしまったので話をもどします。

 

女性が男性の収入を聞くとき、男性には何を求めているのでしょうか。

高収入でなけば、パートナー候補からは外れてしまうのでしょうか。

 

そんなことはありません。

 

女性にとって男性が高収入であることが、

その男性に対する評価、判断材料にはなるものの、

だからといって直ちにその相手に惹かれるというわけではないのです。

 

異性同性問わず、女性が話し相手に最も優先して求めるのは、「共感」です。

何かを体験したとき、同じ体験をした人と同じ気持ちであるか否かを最も重視します。

例えば、質問相手の男性があまりに高収入であった場合、

自分とは価値観が異なる可能性が高いということになり、

必ずしも好感をもってもらえるわけではないということなのです。

 

つまり、

「そもそも収入が高いことを求めての質問ではない」

のです。

 

女性はそういうつもりではないのかもしれないけど、

それでも年収を聞いてくる女性は信用できないよ。

 

こんなことを思ってしまうそこのあなた。

そんなあなたには、

「女性からの年収確認という行為が、男性にとっては何であるのか」

これをわかりやすく例えることで、心の底より納得してもらいましょう。

 

解説編へつづく

広告